検索
  • 純子 江本

今やれることを


もうコロナ禍になって一年以上経ちます。


私の元生徒さんご夫妻がアイルランドに住われています。

そのお子様をオンラインで指導しています。

今中学生の可愛らしい女の子です。

今日は、久しぶりにお父様(元生徒さん)が顔を出して下さって、とても嬉しいひとときでした。

この女の子の生徒さん、オンラインレッスンを始めたのは去年4月、ピアノは未経験。

アイルランドではロックダウンしていたので、Amazonで電子ピアノをご購入いただきました。

いまだに対面でお会いしたことがないのですが、毎週30分でも進んでいくものです。

とても上手になってきました。

私もアイルランドで手に入りやすいと思われる楽譜を選択しました。


実は、私にとってアイルランドは思い出深い地です。

私の父が5年ほどアイルランドに赴任しておりました。

ですから、逞しくも中学生からひとり寮生活!!

高校の寮に中学から入るという特例でした。

夏や冬の休みは毎回アイルランドを訪れていました。

自然豊かで人々も優しく、アイルランド民謡、アイリッシュダンスなど鮮明に覚えています。そういえば、マイケル・ジャクソンのコンサートにアイルランドで行きました。

テレビにもインタビューされました!!

懐かしい。。


話が逸れましたが、この生徒さん、コロナ禍でパッとピアノを始められました。

長いロックダウンの中でもピアノで息抜きも出来たようです。

行動力素晴らしいですよね!!


生きていく中で、物事が思うように進まないこともあるでしょう。

予定が狂うことも多くあるでしょう。

自分や周りが病気になってしまって状況が変わる時もあるでしょう。


その中で、キャパシティーオーバーのときは休んでも良いのかもしれません。

大変な事柄とうまく付き合いながら何とか続けるのも良いかもしれません。

人生には苦難が付き物です。

そうした中ピアノをどのように続けられるでしょうか。

状況が大変な中、今やれること、できることをしていきましょう。


このアイルランドの生徒のように、困難をうまく切り替えて新しいことチャレンジ。

続けていくと上達しているかもしれません。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。