検索
  • 純子 江本

広島へ


広島ではピティナコンペ予選審査でした。

2日間で・・およそ200組程度。


広島では豪雨で市内の電車が全てストップ、デパートも開いていませんでしたが、

ちょうど運よく新幹線は動いていました。

念のため、早めに広島入りしました。


原爆ドームへも足を伸ばしました。

平和記念館へも。

4年前にもこちらへ来ましたが、改めて戦争の恐ろしさとその遺族の皆様に哀悼の意を。

そして今はコロナ禍で思い通りにいかないことも多くありますが、

少し耐えてまた歩んでいきたいと思います。


こうしてコンペ審査の間にも生徒たちもコンクール。

悲喜交々でしたが、 E級の生徒が通過できたのは今までの努力の結果が出たと嬉しく思いました。

なんといっても、基礎がないとD級以上に進んで弾いていくのは難しいです。

ですから、音楽の道に進まない生徒ですが、周りが音楽一本に絞る方も多い中で頑張りました。



必ずしも思い通りの結果が出るとは限りませんが、

真剣に向き合うことで見えてくることもあると思います!!

一回ずつで一喜一憂しすぎず、良い学びが出来たかということにも目を向けてみましょう。


みなさま、有難うございました。

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。