検索
  • 純子 江本

図書館へ


音大の図書館へ寄ってきました。

お庭には薔薇かしら・・とても美しい花が咲いています。

図書館には毎週1回以上必ず立ち寄って、CDは1つ以上、その他、文献や楽譜、書籍など自分自身がピアノの演奏以外に音楽に向き合う時間をとっています。


そんな今日、気づいたこと。

私、ピアノソロ及び、ピアノを含むアンサンブル、ピアノ教育用楽譜は図書館より多いかもしれません。

日本では手に入らない楽譜も多数所有しているので、コアなものも多くあります。

実は、楽譜コレクターです。

(国立音大、東京音大出身で洗足音大で教えているので関東圏音大図書館にも詳しいです。)


私の家にそんなに多くの楽譜を置けないので電子化していますが、それでもどんどん紙楽譜が増え続けるので困っています。


たまたま今日学生や他所でも電子楽譜について訊かれましたが、

教育用楽譜を含め全て電子化している方はいらっしゃらないと思うのです。

電子楽譜については何度も質問を受けることがありますので、

また、少しブログに書きますね!


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。