検索
  • 純子 江本

1月の教室イベントなど

●「成人の日」は「教室生徒の日」と決め、20歳以外の門下生やOBなど

普段レッスンに通っていなくても久しぶりに会える日になると嬉しいと今年からはじめました。

結局、今回は教室生徒のみでしたが、ゆっくり話あうのが1番の目的!!

といっても、もちろん皆さんピアノを弾いたのですが。


●1月30日 室内楽

ヴァイオリニストの大杉那々子先生とチェリストの宮尾悠先生にお越しいただき、生徒達と演奏を共演していただきました。

合わせのみならず、弦楽器体験まで。

ピアノとは違う仕組みに生徒達から歓声が上がっていました。


中には、お嬢様の演奏に涙するお父様も・・。

大反響のうちに終わりました。


2つのイベントとも1日がかりで、少人数で密を避けて行いました。

しばらくこのような形は続くでしょうが、いつか感染症に気をつけなくても生活できるようになった暁には、皆さんにお茶を振る舞ったり大人数で開催など、状況に合わせて行っていきたいと考えています。


皆様ご協力有難うございました。




閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。