top of page
検索
  • 執筆者の写真純子 江本

電子楽譜 ②アプリ

更新日:2021年5月13日


前回は電子楽譜の端末についてご紹介しました。

今回は、電子楽譜で使うアプリについて。

①forScore

②Piascore

③IMSLP

④HENLE Library

⑤e-musica

⑥Bärenreiter


①forScore

楽譜ビューアーアプリ。

電子楽譜や自分の紙楽譜を取り込んで使う楽譜アプリ。

D.S.からセーニョに飛ぶなどリンクを貼って使うことも可能。

動作が早く、安定して使えます!!

2画面にして使える。


有料:2000円程度?


②Piascore

forScoreと同様の楽譜ビューアーアプリ。

自分で楽譜を取り込める他、アプリ内から該当曲があればダウンロードして使うことも可能。


無料:必要な機能に応じて課金、ヴァージョンアップできる。


③IMSLP

ペトルッチ国際電子ライブラリー。

楽譜のWiki版のようなもの。

P.D.(パブリック・ドメイン)に引っかからない曲は大方載っている。

希少な楽譜から、使えないようなものまで色々入っているものの、

網羅している数も多く、見つからない楽譜がある時は役立つ。


無料:無料版は15秒待ってからダウンロード。

課金すると待ち時間がなくなる(らしい)。


④HENLE Library

ドイツの原典版出版社。

楽譜出版、老舗ヘンレ社の電子版。

forScoreやPiascore、IMSLPは紙楽譜をPDF化したものですが、

HENLE Libraryや電子版として作られている為、

タップすると様々な指遣いや校訂報告を閲覧できる。

5線の間隔などを簡単に変更できる為、

譜めくりしたい場所を変更することもできる。

また、端末を変えた時にも購入したものがログインすれば全て揃えられるのも

強み。

また、楽譜そのものにアップデートが必要になった時に無料アップデートできる。


有料:紙楽譜とほぼ変わらない価格。


⑤e-musica

ロシアの楽譜出版社ムジカ社の電子版。

以前は、ロシア語しか対応していなかったものの、現在は英語にも対応している。

価格が日本円で表示されるので分かりやすい。

HENLE Libraryと同様、電子版のために作られており、音源がついているものもある。

動作が遅く、リストアを要求されることも多い現状ですが、

ロシアの作曲家や教育楽譜も多く含まれている。


有料:良心的な価格で、1冊200円〜400円程度のものが多くある。


⑥Bärenreiter

ドイツの楽譜出版社ベーレンライター社の電子版。

まだピアノ曲は載っている曲が少ないので、これからに期待。


有料



私は、Bärenreiterの電子楽譜以外全て使っています。

用途によって使い分けています。

教育用楽譜など紙楽譜は全てforScoreに自分用の楽譜として入れています。

Piascoreは生徒や仕事で参照するとき。

IMSLPは「この楽譜見つからない〜」という時に使っています。

HENLE Libraryは中上級者の楽譜として。

e-musicaは聴音する時に、音源や楽譜を使ったりしています。


楽譜の取り込み方は次回。

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春募集 個人レッスン

個人レッスンは4月より火・水・金・土・日 10:00-21:00で行います。 火曜日を新開講すると書いたところ、既にご要望がありましたので、 火曜は4月より開講します。 月30分×3回=12,000円(新規) 月60分×3回=24,000円 月60分×2回=18,000円 ワンレッスン60分 10,000円 振替1回につき手数料を500円いただいています。 レッスンの空き時間に振替を行いますので、

オンラインレッスンについて

対面の生徒が多いので、 オンラインレッスンについては適宜行っています。 現在は、海外とのオンラインレッスンと 個人レッスンで感染症や病気で外に出れない時に オンラインに切り替えてレッスンすることもあります。 また、通える距離でも定期的にオンラインレッスンを 選択している生徒もいます。 オンラインでは、レッスンができないということではありませんので、 ご希望の方はお問い合わせください。

春募集 小1-小2グループ

こちらのクラスはバスティンベーシックスを使用しています。 バスティンベーシックス レヴェル4まで終えた場合はグループを卒業としています。 進級は個人レッスンとなっています。 現在、幼児グループからの持ち上がりの方が多く在籍しています。 1年生から入った方は1人いらっしゃいます。 読譜力、テクニック、音感、リズム感、楽典を中心に総合的に音楽を学びます。 アンサンブルの機会も多くあります。 水、土 1

Comments


bottom of page