検索
  • 純子 江本

指導者ライセンス


9月は秋山徹也先生のスタジオのある御茶ノ水のサン=オートムホールに指導者ライセンスの審査に行ってまいりました。

ピティナの指導者ライセンスは演奏実技と指導実技とあり、初級・中級・上級とそれぞれの級に指導者の方がさらに研鑚を重ねるために受検なさっていました。


1日で同時に受けられるのですが、上級は曲が大きいのでよりじっくりと研究する余地もあるように感じました。

ですが、指導者の皆さんは仕事や家庭など両立する中での受検、その姿勢に頭が下がります。


ポイントとしては「指導によって変化があったか」というところ。

指導者ライセンスの指導実技では初めて会った生徒と先生がレッスンを短時間でしていかなければなりません。

皆さん、曲のことをよく調べてきていましたが、生徒自身の課題(短期的課題なのか、長期的課題なのか)を的確に抽出して、分かりやすく伝えていくことの大切さを再確認しました。


笹山美由紀先生、秋山徹也先生に大変お世話になりました。

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。