検索
  • 純子 江本

レッスン内容 グループレッスン(リトミック・グループ)



レッスン形態はグループレッスンと個人レッスンとあります。

今回はグループレッスンについて。


グループは、リトミックグループレッスンがあります。

①リトミック(ベビー、幼児)

②グループ(園児、小1-2)


【リトミック】

音に合わせて体を動かし、即時反応、リズム、強弱、音のない時間、拍子、表現する力を養います。楽器にも多く触れていきます。お話を聞いたり、記憶力や集中力、緊張と弛緩、創造・想像力など高めます。


◯ベビーリトミック:0・1歳

◯幼児リトミック :2・3歳


【グループ】

音感、リズム感、楽典、読譜、テクニックの基礎作り。ソルフェージュの基礎を定着させるだけではなく、ピアノ演奏にも力を入れています。連弾を含むアンサンブルを多く行い、ハーモニーやリズム感を自然につけていきます。


◯園児グループ:幼稚園、保育園の年少〜年長 

教材:バスティン パーティーシリーズ

◯小1〜2グループ:小1〜2年生

教材:バスティン ベーシックスシリーズ


小2のグループ終了後は個人レッスンへ移行となります。






閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。