検索
  • 純子 江本

ミュージック・ブランチ 春畑セロリさん、轟千尋さんをお迎えして

更新日:9月16日

日本音楽協会のYouTube番組 「ミュージック・ブランチ」

作曲家の【春畑セロリ】さんと【轟千尋】さんにインタビュー。

はじめてお会いしたお2人。

春畑セロリさん、轟千尋さんのお名前は、 「本名なの?」という話題から ・作曲の道に入ったきっかけ ・どのように活動の場を広げていかれたか お話を伺いました。

作曲に限らず音楽で活動するすべての皆さんに当てはまる話題。 「こうして勉強に取り組み、活動の場を広げていくのか…」 ということを考える機会になります。

第3回目のトークの最後には、さらにスペシャルゲスト。 ご近所ピアニストの内藤晃先生に「連弾したいから来て〜!!」とヘルプを出したところ、優しい優しい晃先生にご来訪いただきました。

初見で1台8手連弾

是非ご覧ください。

私は、初インタビュアーデビュー 「徹子の部屋」の徹子役。 本当に私の部屋で撮ったので 正真正銘、「純子の部屋」となりました!!

第1回「作曲の道へ進むきっかけ」 https://classicmusic.tokyo/blog/2-1/ 第2回「作曲とは」 https://classicmusic.tokyo/blog/2-2/ 第3回「音楽と感覚」 https://classicmusic.tokyo/blog/2-3/

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。