検索
  • 純子 江本

ミュージックブランチ


今日は、日本音楽協会のYouTube番組ミュージックブランチの収録が私のスタジオで行われました。

こちらの番組は2022年2月から開始予定のようです。


ゲストは作曲家の『春畑セロリ』さんと『轟千尋』さん。

お二人とも共著でも楽譜を出していらっしゃいます。

作品も一緒に作るということもあるようです。

春畑セロリさんは旅好きで自然からのインスピレーションの作品、轟千尋さんは情景や子供向けの作品を多く書かれています。


ピアノ作品を多く手がけるお二人に

どうしたら作曲家になれるのか・・。

どのように作曲の勉強をしていったのか。

作曲の仕事の具体的な内容は・・。

などなど、インタビューいたしました。


申し遅れましたが(笑)、私インタビュアーデビューいたしました!!

どうやら、私が面白いから・・という理由らしいのですが(笑・・いいのかそれで・・)、面白いだけでは務まりませんよね。

徹子の部屋を見たり、インタビューの仕方など、いくつか動画を見たり勉強しました。

まだ、ヒヨッコインタビュアーではございますが、

素晴らしいゲストのお二人から

作曲家というだけではなく、音楽人として生きていく方法という話が聞けたのは有意義でした。

音楽を職業とされている方や、これから音楽の道に進んでみたい方など必見ですよ!!



さて、今回はお二人の共著である「ロッパチ」を取り上げました。

ロッパチとは6手、8手のこと。

1台を3人で連弾、1台を4人で連弾という内容の楽譜です。

なかなか4人もピアノが弾ける人を集めるのって大変!!

そこで、ご近所在住のピアニスト『内藤晃』さんにお越しいただきました。

「1台8手」って私、初めてだったかもしれません。

そもそも1台のピアノに4人で座るってそうそうないわけです!!


さて、1台8手、初見でどのようになったか・・2月までお楽しみに。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。