検索
  • 純子 江本

アンサンブルパーク ウェビナー









2月24日(木)ピティナのウェビナー終わりました〜!! 私は、アンサンブルパーク(オンライン)のプレゼンターとして

「ピアノ教室で室内楽イベントを開催するには」という形で発表しました。

60名を超えるたくさんの皆様のご参加、 『ありがとうございました!!』 (何かございましたら、お気軽にご連絡ください。)



江口文子先生ご挨拶 ピティナ専務理事 福田成康様より ご挨拶

1.江本純子 「室内楽イベントを開催するには」 2.吉澤実佐子先生 「子供コンチェルトの格安実現と効果や反響」 3.岡陽子先生 「二重奏から始まるアンサンブル〜ピアニストのためのセミナーを企画すること〜」 4.森華耀子先生 「バンドアンサンブルで発表会を楽しく!」 5.谷口賢記先生 「ピアノ学習者に室内楽体験を!」

アンサンブル国際委員の先生方 江口文子先生、秋山徹也先生、寺田ひろみ先生、和田仁先生、(私)

ーーーーー

みなさん、素晴らしい発表で、とても刺激をうけました。 アンサンブルにかける熱意を感じました!! 室内楽、協奏曲、バンドまで多岐にわたる発表。

私は昨年から準備していたのですが、実際は今朝まで資料を手直ししていました

Zoomでの資料共有方法が…心配で、昨日は周りの方に泣きついて(ごめんなさい••昨日は祝日なのに申し訳ありません)、お願いしてみたり••

昨夜、1人zoomをしながら何回も動作確認をして••画面が固まって動かないということも起こり(まだ買ったばかりのPCなのに)強制シャットダウンをしました 今日は万が一PCが動かないという最悪の事態も想定して、PC2台をZoomに繋ぎました。 1台は画面共有用、もう1台はスピーカーノート(話をする内容のカンペ)として使いました。 最初、譜面台2つを使ってPC1台ずつ置いていましたが、目線が離れてしまうため、PCを重ね置きする形をとりました。

こうして、色々と実験して 昨日は本部の方に資料の動作をお願いしたにもかかわらず 今朝、「自分で資料を動かしてみます」と申し出たのでした。

昔はWindowsのPowerPointで資料を作っていましたが、今回はGoogle Slide。 初めて使って、色々勉強になりました。

きっと、もっとイベント中身について書いた方が良いのでしょうが、今回とことんPCの使い方を学びました!! スゴイ…こういうウェビナーの時代に突入しているのだなぁとつくづく感じました。 よく考えたらオンライン審査も増えていて、オンラインでアレコレするように時代がなってきているのだなぁと。

自分の発表が終わってから、ウチはWi-Fiがいくつも飛んでいるのですが、1番早いピアノの部屋のWi-Fiに繋いでいませんでした→あとの祭りですが今後気をつけようと思います。 大きな事故がなくてよかった…ホッ

ーーーーー 日頃より、江口先生始めアンサンブル国際委員の先生方にもお世話になっています。 ありがとうございます。 そしてギリギリ星人の私を見捨てずに温かく見守ってくださったピティナの担当の方にも心より御礼申し上げます。

何よりもプレゼンターとして発表された皆様が、準備をたくさんなさっていたのだろうと思うと、心より拍手を送ります。 今後も皆様とアンサンブルを盛り上げていけたら…と思っております。

ありがとうございました。 ーーーーー よく考えると半年ぐらい休みなく(年末年始も)ずっと仕事していたので 来週から待望の休み 羽を伸ばして…といっても、相変わらずの引きこもりですが、ゆっくり過ごしたいと思います。

(写真は、発表者と委員の先生以外はモザイクをかけました。)

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今までHPに動画を載せていましたが、今後は教室生徒ページ内で共有することにしました。 もし、HPに載せる場合は発表会等を編集したものにいたします。 教室生徒ページは少しずつ更新していきますので、生徒さんはお楽しみに。 なお、在籍生徒のみ閲覧可能としています。 生徒のGmailを登録して管理しております。

「家では弾けてたんです」Tシャツというのが流行っているらしい。 笑えますよね。何とも面白い。 出来る出来ないというのは結果論で、まずは心構えが大切です。 音楽に関することを書きたいところですが、 「人間力」が左右するので、人として根幹となることを書いてみます。 ①思いやりがあること 思いやり・・とは相手の立場を考えられること。 感謝の気持ちを持つこと。 コミニュケーション能力も含まれます。 まずは

ある先生が 「本選申し込み1週間前なのに連絡ないけれど、予選落ちたのかしら・・。」 とTwitterに書き込んでいました。 ちょうど今日、私も生徒とこのようなやりとりをしました。 私:「〇〇受けるの?申し込んだ?」 生:「はい」(出来たら、「はい」だけではなく、いつ何の曲か、会場まで書いて返信するのがベター) 私:「いつ?何の曲?」 生:「△△です」 ここで問題なのは、生徒は口頭で言ったつもり。